2014年03月11日

今日の収穫

小説花丸の欠号確認
[2号]、[3号]、17号

17は知っていたけど、[2号]と[3号]も欠号だっけ?
あれえ?
そうすると、私、どこであの情報を集めたんだろ??
posted by 永代屋 at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) | BL

2013年12月18日

φ(..)メモメモ 25日ね

VIP 聖域 (講談社X文庫ホワイトハート(BL))
高岡 ミズミ 佐々 成美
講談社
売り上げランキング: 815

posted by 永代屋 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2013年11月27日

毎日晴天

菅野彰さんの『毎日晴天』が再始動!
待っていた甲斐があってうれしい♪

花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫)
菅野彰
徳間書店 (2013-11-27)
売り上げランキング: 273




posted by 永代屋 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2013年10月02日

購入メモ

posted by 永代屋 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2013年02月26日

BL雑誌発行部数(主に公称)、ちょっと追加

昨日今日と「少年天使」「まんが純一」「Cheri+」を追加して、創刊年月をあちこち修正。
実際の手元にある創刊号と微妙にずれがあるんですが、データ元掲載の情報ってことで目をつむることに。
あと、冬水社の「いちラキ」「いちばん好き」「ラキッシュ」はデータ元に雑誌の情報は載っているんですが部数が公開されていないのでアップしていません。

これでこのデータはよほどとんでもないミスを見つけるか何かしない限りは更新はお終い。

TLとレディースコミックの部数データは首が痛くて放置中…orz


posted by 永代屋 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2013年02月19日

BL雑誌発行部数(主に公称)

ストレス解消に拾い集めていたデータをアップした
なんだかものすごーーーーーーーーーーーーーーーぉぉぉく見づらいのは気のせいじゃないよね…orz
印刷証明付部数と公称部数の違いの説明とかいろいろ書かなきゃ駄目な気もするけど、自分が分かってるからもういいや

今のところBL業界的に数誌(数社)だけなんだけど、公称部数からJMPAに切り替えた途端の部数の激減振りが興味深い

ああ、そうだ
どこから拾ってきたデータなのか出典くらいは書かないと、のちのち自分で判らなくなるか
それは拙いんで、えーと、忘れないうちに適当に…
さ、御弁当作って寝る!
posted by 永代屋 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2013年01月15日

φ(..)メモメモ: WEB小説マガジンfleur(フルール)執筆予定作家陣


WEB小説マガジンfleur(フルール)執筆予定作家陣
2013年2月22日創刊

http://mf-fleur.jp/teaser/

藍生有 https://twitter.com/aio_u
葵居ゆゆ https://twitter.com/yuyualthaea
浅見茉莉 http://www.jasminwater.com/
いおかいつき http://www8.plala.or.jp/ko-ex/
一穂ミチ http://ichimichi.exblog.jp/
犬飼のの https://twitter.com/housekihime
おかざき真理 https://twitter.com/cafemari
葛西リカコ https://twitter.com/3_2_key/statuses/271188140344082433
かのこ
川琴ゆい華 https://twitter.com/KawakotoYuika
久我有加 http://kugaarika.blog.fc2.com/
草野來
斉王ことり http://blog.goo.ne.jp/000guru000
斉河燈 https://twitter.com/saikawa_toh
杉田圭 https://twitter.com/suguitak
竹美家らら 
中嶋桃果子 https://twitter.com/moccatina
ナツ之えだまめ http://tb.sankai.info/top.htm
広瀬もりの http://www5c.biglobe.ne.jp/~ohisama/
藤たまき https://twitter.com/tamaki_OvO
マルコ(カフェオレ・ライター) http://coffeewriter.com/
実弥島巧 https://twitter.com/Jerry_cat
やまがたさとみ https://twitter.com/yamagatasatomi
ゆりの菜櫻 https://twitter.com/yurino_nao
(50音順)

ーーーーーーーーーーー
好き作家さんがこんなに!
紙媒体の単行本出るんだろうか
出て欲しい…(TT)
posted by 永代屋 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年12月19日

新書館から翻訳スラッシュ専門新レーベル

>>モノクローム・ロマンス
>>2/09発売
>>●フェア・ゲーム 【著:ジョシュ・ラニヨン/絵:草間 さかえ】
>>●恋のしっぽをつかまえて 【著:L.B.グレッグ/絵:えすとえむ】

この前振りで、明日発売の小説ディアプラスに、Josh Lanyonの「雪の天使(原題 Icecapade)」が載るらしい。
翻訳者さんのブログによると来年は4冊の翻訳発行が決まってるとか。
以前某社で2回だけ出て続かなかったスラッシュ翻訳レーベルがあるのでちょっとドキドキ。
続いて欲しいなあ。
posted by 永代屋 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年11月25日

BL関連2誌

全サ応募のために確保のこと



以前のBL特集も面白かったので。
ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!
雲田はるこ ヤマシタトモコ ARUKU
青土社
売り上げランキング: 1504


BLオン・ザ・ラン!   

【インタビュー】
恋愛を超える絆を求めて / ヤマシタトモコ 聞き手=横井周子
すべての男性は受けである!? くもはる流BLスタディーズのススメ / 雲田はるこ 聞き手=金田淳子
とにかくなにか話を考えていたい / ARUKU 聞き手=川原和子
自然な〈萌え〉を表す文体 / 木原音瀬 聞き手=永久保陽子

【対談】
BLの浸透と拡散をめぐって 金田淳子+永久保陽子

【BLの多様な歓喜】
貴腐人、もしくは汚超腐人の密かな愉しみ / 千田有紀
純愛の証人としてのBL BLにハマったある男の物語 / サンキュータツオ 
マンガ表現学の視点から見たやおい / 守如子 
マイBL ヌーベルバーグ派 / 詩文奈 

【BL温故知新】
竹宮惠子の私信まんがコラムとBLヰタセクスアリス / 福田里香
「黄昏詞華館」のころ / 白峰彩子

【BLのとなりで】
成熟と自由 遠い隣人から省みるやおい・BLの現在 / 石田美紀
ボーイズ・ミュージカル、手にとって触れられるガラスのなかの「青春」  / 上田麻由子
「見られる男性、見る女性」の系譜 絡みあう二次元と三次元 / 前川直哉
韓国のBL・やおい文化の流れ / 宣政佑

【BLスタディーズ・オン・ザ・ラン!】
数字で見るJUNEとさぶ / 石田仁
私のための物語 やおい再考 / 東園子
リアルとファンタジー、その狭間で見る夢 / 堀あきこ
「BL」排除からみえた差別と性の享受の萎縮 堺市立図書館での「BL」本排除事件/ 熱田敬子
腐女子が声を上げるとき / 水戸 泉
ネット上にたゆたう〈腐女子〉批評の場と言葉 / ケタ
女性系パロディ同人誌の動向2008-2012 / 三崎尚人

【マンガ】
腐女子という妖精 / 竹内佐千子

【資料】
2012必読BLガイド / 編=金田淳子・永久保陽子
posted by 永代屋 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年09月25日

おのにしこぐささん6年ぶりの新刊

ディアプラスで一冊本を出されてその後作品が出ないなと寂しかったんですけど近年ブログで作品を発表されているのを知って密かにチェック中だった おのにしこぐささん。
ブログを拝見するとどうやら新書館とは縁が無かったらしく投稿頑張ってるようだなあと思っていたら、B-PRINCE文庫新人大賞受賞作で11月に本が出るらしいですよ。
ひゃっほー!
http://smallfieldsmallgrass.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

臆病な背中 (ディアプラス文庫)
おのにし こぐさ
新書館
売り上げランキング: 27508



posted by 永代屋 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年07月30日

SHY文庫創刊

10月創刊のSHY文庫。
創刊ライン5冊中書き下ろし新作は2冊?

はめてやるっ! 剛しいら/石原理
獣と純情 柊モチヨ/水名瀬雅良
好きになるのが、怖い。 羽生有輝/穂波ゆきね
恋愛は貴族のたしなみ 遠野春日/高宮東
香港貴族に愛されて 遠野春日/高橋悠

このままノベルズが縮小なんてことだったら嫌ん^^;
posted by 永代屋 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年06月29日

好みタイトル♪

なんとなく仮タイトルと思い込んでいたフジミの最終話。
もしかしなくても『富士見二丁目交響楽団 上 』が正式タイトル?
うわー。
だったらすんごく好み。
『寒冷前線コンダクター』から始まって『富士見二丁目交響楽団』で終わる。
綺麗に終わる予感。
いいなあ♪

というわけで、7月末の早売りを刮目して待て、自分!
ひゃっほー♪
posted by 永代屋 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年06月20日

富士見二丁目交響楽団シリーズ最終話スタート

TSUTAYAオンラインによると8月に富士見シリーズの最終話(上)が出るとか。

上下? 
上中下? 
上中下完結編(通しナンバー付き)? 

寒冷前線コンダクターが小説JUNE57号(1992年10月号)で世に出て19年と半年ちょっと。
ルビー文庫「寒冷前線コンダクター」が出て今年の春で18年。

そうか。
いよいよ終わるんだ。
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年06月18日

あんなに一緒だったのに…

もとい。
あんなにたくさんあったのに、とうとうBL小説専門誌が3誌になっちゃうのか。<WEB雑誌除く
マンガ誌と統合しちゃう小説リンクスは卒業かなあ。
たぶん、私にとってどっち付かずな雑誌になって疎遠になっちゃう気配濃厚。

定期刊行雑誌がこれだけ少ないと、新人さんが育ちづらい状況な気がする。
寂しいなあ。

--------
『コミックマガジンリンクス』+『小説リンクス』=『月刊リンクス』は9月に新装刊 
全プレの応募要項を見る限り小説誌とマンガ誌の統合は今年に入ってから決まった感じ? 
http://www.gentosha-comics.net/comiclynx/ 
http://goo.gl/ld8LX

posted by 永代屋 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年06月17日

「小説花丸」拾い書き

いつからBL雑誌になったんだっけ? と雑誌をひっくり返してみた覚え書き。
3号までの読者ターゲットは男女で花とゆめ本誌と同じ方向で、毛色がはっきり変わったのは4号目で、もくじの編集者(H=細田さん?)コメントにはっきりと書かれています。
ただ商業誌(仕事)で依頼した方向とまったく違ったものばかりが揃うとは考えずらいので、何か意図的であったのを「男同士の○○シーンのある話が×作も集まってしまった」と表現しただけだと思うのですけれど。

>>男同士の○○シーンのある話が×作も集まってしまったので(自主規制1作あり)、はしゃいでこのような特集企画本を作ってみました。ほんの出来心(ボンノー)ですが、ま、白泉社のことですから…。
>>次号がより過激(キチク)になるか否かは読者様のご意見次第でしょうか。楽しみなことであります。(H)
(小説花丸[4号] 花とゆめ臨時増刊1993年3月15日 もくじコメント)
※特集「男たちのロマンス特集号。」

>>己の欲するところに従ってヨコシマ小説、漫画が集まりましたので、もくじでは初めての方にわかりやすく、ヨコシマ度を編集の主観に基づき「☆」印の数で入れてみました。
>>(作家の先生がた申し訳ありません。)
>>もちろん作品の出来、おもしろさとは関係ありません。
(小説花丸[5号] 花とゆめ臨時増刊1993年7月15日 もくじコメント)
※特集「夏のMEN'S COLLECTION特集号」

第1回小説花丸新人賞最終選考結果発表に審査員として栗本薫さんがいらしたことも新人賞の応募にBL作品が集まってきたこととなにか因果関係があるんでしょうか?
第2回小説花丸新人賞最終選考結果発表(4号掲載)に桜木知沙子さんがいらしたのを皮切りに、以降の回はBL作品がほぼ授賞枠の全てを埋めているような印象。

ちなみにずいぶん先の号まで花丸新人賞の応募規定は下記のようにジャンルの制限はありませんでした。

>>キャラクターがしっかりしていて、漫画に負けない面白さがある未発表の小説作品。
>>テーマ・ジャンルは問いませんが、読者対象としては十代〜二十代を想定してください。

また96年冬号のQ&Aには下記のようなやりとりがありました。

>>Q 男同士の恋愛話以外はだめですか
>>A 作品のテーマ・ジャンルに制限はありません。面白ければなんでもいいと思います。
>>ただ、SF(ファンタジー)作品は、今まで一度もSF(ファンタジー)を読んだことが無い読者にもわかりやすい内容を心がけるようにしてください。
>>これからもSF一本で勝負していこうという人は、SF雑誌の新人賞に挑戦したほうが近道かもしれませんが…。
(小説花丸96年冬号より)


posted by 永代屋 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年05月17日

COMICジャニーたぶん創刊号

おお! COMICジャニーが米沢嘉博記念図書館にある!
作業中閲覧不可というのはどういうステータスだろ。
書誌作成中? 痛みが激しくて修復中? 何らかの企画準備中? 
いつか閲覧できるといいな 
そしてVOL.2はコレクションに有るのかな? 
資料未整理状態でいつか出てくるのかな?
posted by 永代屋 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年03月05日

イケメンがいっぱい♪

K3410041.JPG

上映地区へ足を運ぶのが難しい地方在住の腐仲間のために映画のパンフレットを確保する。
DVDは全国どこでも通販できるけど、パンフレットはなかなかねぇ^^;
せっかくなら早くお届けしたいのでお庭まで引っ張らずに、明日メール便でさくっと発送です。

『富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター』インタビュー

posted by 永代屋 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2012年01月23日

二枚目♪

fujimi02.JPG
雪の中確保してきたよー♪
posted by 永代屋 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2011年11月09日

仙道はるかさん

久しぶりにブログへのアクセスキーワードをチェックしたら、「仙道はるか」さんで来訪される方がちらほら。
ご本人のツイッターもブログもググれば出てくるんですが、何故?

銀河鉄道通信〜はるかの徒然日記〜
http://d.hatena.ne.jp/vharuka/

ツイッター
https://twitter.com/#!/haruka0710

-------
今日は舞台・銀河英雄伝説外伝 オーベルシュタイン編の千秋楽です
当然チケは先行予約時に確保済みです
既に一回観ているのですが、ワンコ兄上、調教師パパ上、渋い執事、ハウンドの面々の緩急具合が素敵でした♪
posted by 永代屋 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL

2011年01月12日

GUSH moetto vol.7

去年12月発売だったはず、と書店を探したんだけど見付からないなあと思っていたら、発売中止だそうで。
あらあら。
posted by 永代屋 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BL