2012年03月17日

西方浄土への旅立ち

ここ一週間ばかりリストアップで四苦八苦していた、段ボール箱十数箱分のコミケカタログとぱふが旅立って行きました。
なんだかんだで300冊以上をまとめて引き取っていただけたんで、浮かれて超レアアイテム「コミケット年鑑」3冊セットもお付けしました。
某所方面から「それを放出するなら欲しかった!」という声が聞こえそうですが、あの手のはまとまってあるのが価値だと思うんで、ごめん!

少しでも厚さを減らすためなのか薄くて丈夫でたいそう密度の高い紙を使用しているコミケカタログは、段ボール一箱がとーっても重くて、無防備に持ち上げようとすると腰に来ることは友人諸氏はよくご存じかと思うのですけれど、配送業者のおにーちゃんは当然知らなかったらしく、発送個数を伝えたら台車で回収に来てくれたんですけれど、道路との段差で四苦八苦されてました。
・・・ご、ごめんなさい。

しかーし!
300冊超というとそれなりの嵩のはずなんですが、室内が少しも広くなった感じがしないのは、いつものお約束ですね。
もう笑うしかなく。

さ、次はベランダと物置(のような場所)に放置している廃棄予定なパソコンと周辺機器の始末です。
これも片付けても広くなった実感はないはずなんですけど、何事もハジメの一歩は大切ってことで。

がんばれー!>自分

posted by 永代屋 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年03月14日

リスト

ざくざくリストアップ中の冊子をなにげにめくったら中扉によしながふみさんが。
××系は入れてないはずなのにどうして? と軽く動揺しつつも思いがけない再会に眼福♪

このあたりはリスト化して相方の承認をもらったら引取先に確認し、無事お話しがまとまれば週末には西の地に旅立つ予定。
どうか無事にクリアできますように。
最大の難関は、AIDE新聞かなあ?
というか、当初の予定の数倍にふくれあがった体積かもしんない。

しかし、これでもゆうパック(大)で10箱+α程度。
これらが巣立っても部屋が少しも広くなったように感じられないのはいつものお約束よね。
ふふ。
posted by 永代屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年03月13日

佐藤史生さん12年ぶりのコミックス

佐藤さんファンの友人へ。
12年ぶりの、単行本未収録作品を含んだコミックスが出ます。
復刊ドットコムさんからの刊行なので、もしかすると一般書店店頭での出会いは難しいかも?
今から予約が吉!



▼収録作品
雨男/死せる王女のための孔雀舞(パヴァーヌ)/さらばマドンナの微笑/我はその名も知らざりき/夢喰い/あとがき 「秘数的なお話」
★単行本初収録: 一角獣にほほえみを/マは魔法のマ

解説:増山法恵
推薦:坂田靖子・竹宮惠子

posted by 永代屋 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年03月04日

西方浄土(仮称)

家にある30年分の某逐次刊行物を丸ごと寄贈で引き取っていただけないかと、お問い合わせメールを出す。


posted by 永代屋 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

地方の新聞記事を探す

有料なんだけど GーSearch と日経テレコム
新聞ライブラリのリストを見ると、全てじゃ無いにしても結構いろいろな土地の地元に強い地方紙をフォローしているみたいなんだけれど、問題はどのレベルまでのキーワードを拾えるか

全文検索は難しいにしても(日本語のOCR読み取りはねぇ)、記事見出しくらいはフォローしているのかなあ? コラムとか、家庭欄とか。
それとも重要だと誰かが判断した事件や人名だけ拾ってるのかなあ?
その辺りは新聞社によるんだろうか。

タイトルと執筆者名までだけでもヒットしてくれるなら、気になる作家さんのコラムやインタビュー記事が拾えるかもしれないじゃないですか
どうなのかなあ?

以前使ってみた毎日新聞の毎索はキーワードの設定数を絞り込んでいるのか、なかなか記事にたどり着けない印象。
ワードの連想が甘いのかなあ? うーん。
その時は他紙のデータベースでこの辺りの日付と見当を付けて縮刷版を総当たりという力業で探したんだけど、事件やイベントはともかく、その新聞固有のコラムや連載だときつい。
うーんうーん。

新聞ライブラリ
http://newspark.jp/library/data/index.html
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年03月01日

納本ミッション、その後

先日国会図書館に納本した冬祭発行の同人誌が無事に収蔵されることが確定しました。
自家プリント手製本でも、あれだけ厚みがあったら通るんだ。
残念なのは図書扱いになったこと・・・くすん、SFマガジンインデックスのように、本誌の隣にそっと並ぶのが夢だったのに。

書誌が整って、請求記号が付き、利用できるようになるまで3ヶ月ってところらしい。

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023422942-00
posted by 永代屋 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月22日

デスラー総統がイケメンなのは当然!

メインキャラデザインはここにも


posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月21日

アニノマスのトップDNSサーバ止めるぜ宣言

ニュースを見て麻城ゆうさんの作品を思い出した。
JOKERかS-Aだったかな? 
ネットがダウンし世界が大混乱に陥った反省から重要案件はみんな紙(アナログ)に回帰した設定・・・

あ・・あれ? 商業誌、だよね?
うわー。
うろ覚え・・・久しぶりに全巻一気読みしようかなあ。
posted by 永代屋 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月18日

コミックス化されずらい作品

以前ちら読みした曽祢まさこ先生が映画"卒業"のワンシーンをコミカライズされた作品を再読。
この手の作品や実在のアイドルのスター誕生物語ってほとんどコミックスに収録されないのが残念。

"卒業"が載っていたのは70年代の語学教育雑誌@旺文社。
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月17日

「稲荷の森のキツネっ子」掲載情報

アニメディア大賞'89 小説部門賞(賞金20万円)

たつみや章さんの顔写真・受賞コメント掲載
1990年4月号 46ー47頁

イラスト 加瀬政広
第1回 1990年7月号 120ー124頁
第2回 1990年8月号 108ー110頁
第3回 1990年9月号 38ー40頁
posted by 永代屋 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月15日

初めての「たつみや章」

ちまちまとアニメイト大賞の情報を整理中
もしかして、この小説部門賞受賞時の写真&コメントが「たつみや章」として世の中に出た最初の物じゃないんだろうか?
同人誌「宇宙塵」は別名義らしいし・・・
posted by 永代屋 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月12日

アニメディア大賞

たつみや章さんのデビュー前後の雑誌掲載作を探していて、一時期のアニメディア大賞がオリジナル小説を公募していたのを思い出したんで、ちまちまリストアップ中。
posted by 永代屋 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月11日

ちよだシーズンコンサート

http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00137/d0013775.html
出演:人間国宝:新内仲三郎(新内節)、新内剛士(同)、辻村寿三郎(人形師)
演目:「狐と弥次郎兵衛」、「かちかち山」、「葛の葉」

という、 超豪華メンバーな公演のチケ確保。
区が主催なので1000円という超リーズナブルチケ代なうえに販売窓口が限られていたので気をもんでいたのですけれど、無事確保できたよと連絡をいただいてホッとする。
持つべきものは自分が動けないときに手を貸してくれる友人・知人。
ありがとう、ありがとう。
人海戦術で人手が必要なときは声をかけてくだされ。
posted by 永代屋 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月08日

積ん読&攻略中

追悼小松左京
張り出し窓の街
新選組隊士録
レンズが撮らえた幕末明治日本紀行
図解案内日本の民俗
上海歴史ガイドマップ
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月07日

パレット文庫

雑誌Paletteの前に、パレット文庫の刊行リストを今月中にアップできるといいなあ。
Palette総目次はどういう表にしようかでずーっと悩み中。
リストアップは済んでるのにねぇ。ふうう。
posted by 永代屋 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月05日

積ん読&攻略中

日本海軍400時間の証言
旧約聖書の世界と時代
占いと中国古代の社会
記憶の歴史学
posted by 永代屋 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年02月02日

積ん読&攻略中

図説図書館の歴史
図説平清盛
近代ニッポン「しおり」大図鑑
武士はなぜ歌を詠むか
posted by 永代屋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年01月30日

ユーロスペースありがとう!


第九軍団、もう、日本語字幕無しのDVD買うしかないかと半分あきらめていたよ(TT)

ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/

鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言
2月4日からモーニングショー(10:30〜)
http://www.oninikike.com/theatre/

宮大工西岡常一の遺言
山崎 佑次
彰国社
売り上げランキング: 126917



第九軍団のワシ
3月24日から
http://www.washi-movie.com/

第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
ローズマリ サトクリフ
岩波書店
売り上げランキング: 23387

posted by 永代屋 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年01月29日

祝!文庫化『ビオランテ』

おおおおお!
風間宏子先生の「ビオランテ」が上下巻で文庫での復刻だそうな。
嬉しい!
好きだったんですよー♪♪
コミックス版は持ってますが、当然買いです。うむ。

著者 風間宏子 著
ジャンル コミックス > ホラーMコミック文庫
ISBN 9784821172665
判型・ページ数 文庫
定価 定価690円(本体価格657円)

書店発売日 2012/02/10

「ビオランテ」それは、イギリス貴族の名門プランタジネット家に伝わる首飾り。男には血と暴力を、女には愛と勇気を与えるという宝。1547年冬・9歳で王位を継いだエドワード6世の戴冠祝賀会の夜、財務官のプランタジネット公一家が惨殺された。それは地位と財産を狙うクランベリー侯の仕業であった。生き延びたのは6歳のエルシノア(エルシー)だけ、彼女をかくまったのは貿易商エルドモンドだが、娘のキャシイは嫉妬からいじわるを繰り返す…しかしいじわるが元で美しい金髪の少年と知り合い心ひかれるエルシーだが、彼は両親を殺したクランベリー侯の長男だったのだ。エルシーが生きていると知ったクランベリー侯は刺客を放ち、襲われたエルシーは、偶然森の中でひっそりと生活するエリザベス王女に救われる。誇り高い王女と会ったことで、それまで貴族の娘として守られながら生きてきたエルシーの心が動き始める。助けてくれたキャシイの両親も殺され、海賊ドレイクの手助けでフランスに向かうエルシーは髪を切り、男として復讐を誓う!
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか

2012年01月20日

前売り券確保ー♪

fujimi.JPG

実写版 富士見二丁目交響楽団・寒冷前線コンダクターだよー
posted by 永代屋 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか映画とか