2019年01月19日

今年最初のおつとめ

きつねこ本舗
きつねこタルト18

翡翠楼
シリア遊記5

ひかわ玲子プロジェクト
おのまこ

明智事務所
明智抄単行本未収録作品集小説編
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会図書館

2019年01月05日

あけましておめでとうございます



旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

で!
帰省先から戻ったら、先月入稿した本が!
\(^O^)/
K3410031.JPG

でも、これは昨年分の本。
今年は自サークル以外を含めて4冊形にしたいのですが、どうでしょう。
相変わらず有言不実行かも知れませんが、まあ、がんばれ自分!

posted by 永代屋 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年12月08日

終わった〜!

手をつけてから2年(3年?)越し、描き下ろしをいただいてから半年、ようやく入稿した。

印刷所さんに「(納品は)いつでもいいです。(抽選が通れば)来年の夏コミでもOK」と伝えたらさすがに苦笑され、友人知人同僚が口を揃えて「コミケ合わせじゃないのに(印刷所が煩忙期の)今入稿する意味は?」とあきれかえられましたが、年明け発行の本です。

21世紀の薄い本にしては表紙がおそろしく地味な、そうだなあ、数十年前の俳句あたりの文芸誌よりさらにシンプルで、どこでも家族の前でも電車の中でも読めるというコンセプトにはブレがないかな、と自画自賛中。

ここ数年はキンコーズでのコピー本が中心だったので、オフセット印刷は何年振りだろう。
本が仕上がってくるのがすごく楽しみですよ。


posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年11月30日

メールフォーム撤去

長年利用させていただいていたメールフォームが2018年11月5日漬けでサービスを終了しました。
posted by 永代屋 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年11月10日

メモ:消えてゆく新人賞

【C92新刊】消えてゆく新人賞
青磁ビブロス、ビブロス、リブレ、桜桃書房、幻冬舎コミックス
発行: 2017/08/12
サイズ: A4 ( コピー本 ) ページ: 56 P

【C93新刊】消えてゆく新人賞 第2集
新書館
発行: 2017/12/30
サイズ: A4 ( コピー本 ) ページ: 28 P
posted by 永代屋 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月23日

水害

ある種の水害(?)な話が天から降ってきた。
この猛暑に!!!
posted by 永代屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月20日

φ(..)メモメモ

■アラベスク 山岸凉子 白泉社文庫

119941218 解説(インタビュー)
奥の深さがわかるとき 草刈民代(バレリーナ)336−340

解説「山ア良子の無限なる世界」 川西蘭(作家)398−402

解説<アラベスク>とともによみがえるもの 松村栄子(作家)347−351

解説 心の秘密にさわることーー山岸凉子の世界 三浦雅士(評論家) 335−340

■天人唐草 自選作品集 山岸凉子 文春文庫ビジュアル版
解説ーー失われた子どもたちの記 中島らも(作家) 247−255
1994.3.10

■おぼっちゃまくん 小林よしのり 幻冬舎文庫
1 平成13年12月25日 (解説無し)
2 平成14年2月25日 (解説無し)
3 平成14年4月25日 (解説無し)
4 平成14年6月25日 (解説無し)
5 平成14年8月25日 (解説無し)
6 平成14年10月25日 (解説無し)
7 平成14年12月25日 (解説無し)
8 平成15年4月15日 (あとがき)

■厳格に訊け! 小林よしのり 幻冬舎文庫
平成15年10月10日 (解説無し)

■綾辻行人が選ぶ! 楳図かずお怪奇幻想館 楳図かずお ちくま文庫
解説 綾辻行人 411−415
2000年11月8日

■マンガ名作オペラ 里中満智子 中公文庫
4 カルメン トリスタンとイゾルデ/サムソンとデリラ
2006年12月20日
コラム 見るなら・聞くならこの一枚 三者三様の愛とその行方 松本矩典(音楽評論家)143-150
解説 愛と死の三つの形 岡田暁生(京都大学人文科学研究所助教授) 221−231
ロンドン コヴェントガーデンでビゼーの「カルメン」を 山本益博(料理評論家)232−236 「オペラの旅へようこそ」より転載)

5 トゥーランドット 蝶々夫人/ラ・ボエーム
2007年1月25日
コラム 見るなら・聞くならこの一枚  時流を投影したエキゾティズム 松本矩典(音楽評論家) 189−197
解説 プッチーニの涙  岡田暁生(京都大学人文科学研究所助教授)  246−256
頭で考えずに、流されて溺れて聴くのがいい 三枝成彰(作曲家・東京音楽大学教授) 257−260 (「オペラワンダーランド」巻頭インタビュー「オペラの愉しみ」より転載)

7 サロメ ナクソス島のアリアドネ こうもり ナブッコ
2007年3月25日
コラム 見るなら・聞くならこの一枚  ひと捻りした「愛」の諸相 松本矩典(音楽評論家)
133-141
解説 オペラの黄金時代とその斜陽  岡田暁生(京都大学人文科学研究所助教授)  354−264
タイムスリップ・パスポート 中島啓江(オペラ歌手) 265−268
(『きょうも元気だ、オペラがみたい』メトロポリタン1995年より転載)

8 トスカ マノンレスコー ローエングリン
2007年4月25日
コラム 見るなら・聞くならこの一枚  三様の女性像に注目 松本矩典(音楽評論家)
185-192
解説 「哀しい恋」というメロドラマ 岡田暁生(京都大学人文科学研究所助教授)  250-258
マリア・カラスの《トスカ》 ドナルド・キーン/中矢一義 訳 260-262
(『わたしの好きなレコード』中央文庫1987年より転載)

■シュマリ 手塚治虫 角川文庫

平成7年4月25日
解説無し


平成7年4月25日
解説 はるばるとした男の夢を見た 夢枕獏 358-363
(『ガキのころから漫画まんがマンガ』<講談社刊>より)

■鳥人大系 手塚治虫 角川文庫
平成9年7月25日
解説無し

■ばるぼら(上)角川文庫 手塚治虫
平成8年12月25日
解説無し

■ばるぼら(下)角川文庫 手塚治虫
平成8年12月25日
解説 終わってから始まる怪奇
藤川桂介 229−235

■鳥頭紀行ぜんぶ 朝日文庫 西原理恵子
2001年5月1日
解説
穴吹史士(あなぶきふみと)
112−116
元union発行人、元Asahi.comインターネットキャスター)





posted by 永代屋 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月15日

夏の常備品:ラタトゥイユ

毎年週1で冷蔵庫に作り溜めているこちらのレシピ、5種混合薬味にお世話になっています

ラタトゥイユ✿ฺ隠し味でプロの味
https://cookpad.com/recipe/345561

五種薬味
私は何かの番組で拝見したのですが、こちらのサイトに詳細あり。
http://amanoshokudo.jp/season/9610/

posted by 永代屋 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月07日

memo

コミック昭和史(水木しげる) 講談社文庫
1 1994.8.15 尾崎秀樹 水木しげるのドキュメント「昭和」 pp.256-259
2 1994.8.15
3 1994.9.15
4 1994.9.15
5 1994.10.15
posted by 永代屋 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記